メニュー

2021年インフルエンザワクチン(チメロサールフリー:オランダより輸入)が納品されました!

本年度は、国産ワクチンの供給が減っており昨年と同様の数を確保できない施設が大半となっております。

当院では、妊婦さんや国産のインフルエンザワクチンに含まれる防腐剤が気になってうつことを控えていらっしゃる方のために輸入のインフルエンザワクチン(チメロサールフリー:アボット社オランダより)を準備し、先日納品されました。

海外品ですが、防腐剤となるチメロサールが入っていないため、より安全性は高く、当院スタッフは全員このワクチンを接種しています(高齢者の公費補助は国産ワクチンでしか適応されないため、我々の分もご高齢の方に国産ワクチンをまわしております)。

海外ワクチンのデメリットは万が一の副作用が起きたときに、国産ワクチンですと無制限の保証がうけられますが、海外ワクチンの場合は以下の補償制度を利用するため保証の上限があります。しかし、国産ワクチンも実際には因果関係の確認などで無制限に保証されるわけではなく、補償についてもそれほどの差はないのが実情です。

https://www.monzen.co.jp/html/page35.html

そのため、当院はスタッフも接種しておりますし、おすすめして問題はないと思っております。

予約方法:本年度は通常のインフルエンザワクチン予約と同様とし予約時の問診票に希望の有無を記載しております。国産ワクチンの供給不足があるため、国産を指定することができませんので、チメロサールフリーのワクチンは駄目という方は他院での接種をご検討ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME