メニュー

当院の特徴

小児専門病院での経験と成人の救命救急センターでの経験を活かし、お子様に関するすべての治療及びご両親、祖父母の持病に至るまで同時に診療することで、皆様が健やかに過ごされることを喜びとして、診療に邁進して参ります。

診療内容

<内科系>

<子供>
 子供は症状をうまく伝えることができません。そのため、「熱」といっても“風邪”の場合もあれば、稀に重篤な病気であることもあります。夜に近づくにつれて心配は大きくなりますよね。そんな時には19時までやっていますので、ぜひともクリニックに来てください!小児科専門医にとって、診察室に入ってきた子供の状態がとても重要であり、「見る=診る」と言えます。ぜひとも、お子様のお顔を診させてください。

<大人>
 お子様とともに生活をしていれば、ご両親、祖父母の方々も病気になります。「風邪を引いた」「花粉症で困っている」「怪我をしてしまった」場合もあるでしょうし、「糖尿病の持病があり、定期的に検査と薬が必要」「心臓や脳の持病があるので、血液サラサラのお薬もらっている」「近頃不眠症で困っている」といった場合もあると思います。お子様優先も大切ですが、東洋医学には「母子同服」という考え方があり、子供の治療には親の治療が必要な場合があるというものです。我々は、その考えに賛同しており、お子様の看病をするにはご両親、祖父母皆が元気でなければなりません。ぜひとも、日々の健康管理を我々のクリニックでさせてください。それが、お子様の健康増進につながりますので。

<外科系>

子供も大人も、同じように怪我をしますし、お腹の病気にもなります。我々のクリニックでは、お子様のみならず、大人の方の外科的治療も行ってまいります。

「怪我をして縫う必要がある」

「救急で縫ってもらったからその後のケアーをして欲しい」

「お腹の調子がおかしい」

「赤ちゃんのおしりが赤く腫れていて、痛そう」

「便秘で困っている」

など、しっかりと拝見いたしますのでご相談ください。

<こどもの怪我>

子供怪我は日常的に頻度が高く、救命センターには頭を縫うために子どもたちが日夜運び込まれています。当院では、無痛縫合を目標としており、浅いが切れている傷には生体糊という器具を用いて、痛みなく治療します。また、比較的深い傷、広い傷については縫合の(糸で縫う)必要があるのですが、こちらもこどもに用いられる安全な眠るお薬と痛み止めを使用し、安静な状態で痛い・怖いといった嫌な記憶もなく終了いたします。

 

<予防接種>
予防接種は完全予約制(月、火、水、金の15時—16時)としております。診療時間内にも接種は可能ですが、感染から完璧に隔離出来るわけではないですが、ご了承の上であれば、一般診療時間内でも接種は可能です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME