メニュー

遠隔診療

遠隔診療とは

2018年4月からの診療報酬改定にてスマートフォンやPCを用いた特定の病状のフォローアップを行うことが認可されました。当院で大きく関連してくる方々は「喘息を持病で抱えている方」「生活習慣病で症状は安定しているが薬を欠かせない方」かと思われます。そのような方々は、初診は対面診察を行っておりかつ、通院して6ヶ月以上経過している方はこの遠隔診療をお選び頂くことができます

気管支喘息(安定期)外来

喘息(小児も大人も)で調子は良いけど今後の方針や定期的な処方が必要な方が直接来院しないで、自宅にいながら診察+処方箋受け取りまで可能となります。3ヶ月に1度は当院にてNO(一酸化窒素)の測定や呼吸機能検査などを行って頂き、科学的に今の喘息の状態をチェックすることをオススメしております。

生活習慣病(安定期)外来

病院に行く時間が捻出できないほど忙しい方も、職場のPCや自宅でスマートフォン上から受診が可能となり、処方箋を自宅で受け取ることができます。それにより病院で待たさせることにより貴重な時間を失うことが無くなります。まだ、できたばかりの制度で3ヶ月に1回は直接来院する必要があることなどは面倒かもしれませんが、現状よりは遥かに楽になると思います。

3ヶ月に1回の来院の際には血液検査などをチェックさせていただき、高脂血症の結果も当日に速やかにご報告できますのでいたずらに時間を浪費するようなことはございません。

かかりつけ医専用オンライン外来

当院では上記保険診療とは別に「小児科かかりつけ医として当院を選んで頂いている方々」が気軽に相談できる環境としてこのシステムを利用しております。利用料がかかりますが、

「この症状で病院を受診すべきかどうか?」

「この肌は様子を診ていて良いのか?病院に行ったほうが良いのか?」

「体重の増え方や歩き方など聞きたいことがある」

といった些細なことから困っていることまでを当院スタッフ総出で(医師も看護師も助手も受付も皆)サポートします!

数多ある小児科の中で「かかりつけ医」にして良かった!と思ってもらえるクリニックを目指す一環としてこのシステムを採用しております。

 

下記のバナーをクリックしますと遠隔診療システムに入る事ができます(まだ公開されておりませんので現在は使用できません)

オンライン診療「クリニクス」

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME